ミノキシジルが入ったロゲイン

大正製薬のリアップ・シリーズ同様にミノキシジルを含有した製品がロゲインです。リアップよりもロゲインの方が発売はずっと前のことで、販売実績はもっと長い商品です。ロゲインはまさにリアップX5と同じ効果がある薬です。ミノキシジルは1960年代に製薬会社のファイザーが血管拡張作用を利用した高血圧の経口薬として開発。

 

その後、AGAにも効くことがわかりましたが、内服薬としてのミノキシジルは副作用があったので、頭部に塗布する液状の外用薬として1980年代にロゲインを販売し始めました。現在のロゲインの販売元はマクニールという会社ですが、実績を考えれば非常に信頼のある製品と言えます。

 

副作用とロゲインの弱点とは?

ロゲインの効果が出るのがわかるのに数ヶ月を要します。個人差がありますが、大体半年くらいでしょうか。いずれにしても、どんな育毛剤も効果が出るまでにこれくらいはかかるので、ロゲインが異常に時間がかかるというわけではありません。ロゲインに配合されているミノキシジルに報告されている副作用には、高血圧用の薬の反動で低血圧になったり、塗布した患部にかゆみを感じたりします。ただ、ロゲインは塗布するタイプですからあまりひどい副作用はないとはいわれてもいます。もし動悸などが起これば、それは元々の高血圧の薬の作用でもあるのでかなり危険です。すぐに使用を中止しましょう。

 

それから、ロゲインには弱点があります。ほとんど同じ薬でもあるリアップ・シリーズでも言えるのですが、生え際やM字型の脱毛や薄毛にはあまり効果は期待できないと噂があるのです。ロゲインはどちらかというと頭頂などに効くといわれていて、生え際に効果があるのか疑問の声が実はあるのです。もちろんなにも対策をしないよりはロゲインでもやった方がいいのですが、生え際にはほかの製品を使った方がいいかもしれませんね。

生え際用育毛剤ならこれ!

濃密育毛剤ブブカ

育毛理論に基づき開発されたこの製品には32種類もの有効成分を配合しているので、生え際の対策にばっちりです。有効成分や天然植物エキスなどを低分子化し、皮脂のバリアに遮られることなく、成分が直接頭皮内に到達し育毛を促進します。さらに、後退を抑制した上に栄養を浸透させ毛髪を成長させます。ヒアルロン酸と同等の保水力で頭皮に潤いを与えます。かつて使った方からの報告も良好なものばかりです。

ポリピュアEX

ポリピュア

毎月2万人が使用しているという実績がこの製品にはあります。それだけ信頼性と実力のあるものだといえます。毛根にダイレクトに働きかける養分を含有し、さらに毛髪の成長サイクルを正常に戻すように促す力も備えています。この製品の主な成分は毛根に効くバイオポリリン酸、男性特有の原因物質に効くチョウジエキス、頭皮環境を整えるグリチルリチン酸ジカリウム、毛母細胞に直接働きかけるニンジン抽出液があります。

M-1育毛ミスト

2013年に世界育毛研究会議で賞を獲得し一躍有名になった製品もオススメです。この製品の含有成分で注目は加水分解酵母エキスです。
これは発毛シグナルを増加させ、髪を成長させる毛母細胞を直接刺激して髪の毛の成長を促すものです。この製品は無添加、無香料、無着色で、肌の刺激となるアルコール類も入っていません。ですので、敏感肌の方でも安心して使えるというのは得点が高いです。