そもそもミノキシジルってなに?

生え際の後退への対処として一般的なのは薬用剤や育毛剤で環境を整えることですが、その中でミノキシジルがよく知られています。ですので、インターネットなどで薬剤を調べるとミノキシジルという単語はよく目にします。では、そもそもミノキシジルとは一体どんなものなのでしょうか。ミノキシジルが登場したのは1960年代で、製薬会社のファイザーが開発しました(開発当時の社名はアップジョン)。元々は血管を広げる作用を利用し、高血圧の経口薬として用いられていました。

 

その後、脱毛症にも効くことが判明し、1980年代にアップジョンが脱毛症の治療用の薬として2%のミノキシジル外用溶液「ロゲイン」を販売し始めました。ただ、内服薬としてのミノキシジルは副作用があったので、頭部に塗布する液状の外用薬として販売されています。なお、現在のロゲインの販売元はマクニールという会社に移管されています。日本では大正製薬などが一部ミノキシジルを含んだ製品を販売しています、ですが、本来の用途は高血圧治療の血管拡張薬なので、服用すると副作用が起こる場合があり注意が必要です。

 

ミノキシジルの副作用

日本で手に入るミノキシジル含有の薬は塗布するものとタブレットがあります。しかし、何度も書くようにミノキシジルには副作用があると言われています。その副作用のひとつは頭皮のかゆみです。例えばロゲインなどの外用薬に含まれる基剤成分であるプロピレングリコールに多くの人がアレルギー反応を示してしまうのです。

 

それから多量のミノキシジルは逆に低血圧の原因となる可能性があります。日焼けした頭皮に使用する際にワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こる場合もあります。ミノキシジルは使用中は脱毛を止める効果が高いですが、使用をやめると再び脱毛が進行し始めます。ですので、ミノキシジルを使用する場合は様々な注意が必要になります。ミノキシジルの副作用が気になるなら、副作用の心配がない育毛剤がおすすめです。

生え際用育毛剤ならこれ!

濃密育毛剤ブブカ

育毛理論に基づき開発されたこの製品には32種類もの有効成分を配合しているので、生え際の対策にばっちりです。有効成分や天然植物エキスなどを低分子化し、皮脂のバリアに遮られることなく、成分が直接頭皮内に到達し育毛を促進します。さらに、後退を抑制した上に栄養を浸透させ毛髪を成長させます。ヒアルロン酸と同等の保水力で頭皮に潤いを与えます。かつて使った方からの報告も良好なものばかりです。

ポリピュアEX

ポリピュア

毎月2万人が使用しているという実績がこの製品にはあります。それだけ信頼性と実力のあるものだといえます。毛根にダイレクトに働きかける養分を含有し、さらに毛髪の成長サイクルを正常に戻すように促す力も備えています。この製品の主な成分は毛根に効くバイオポリリン酸、男性特有の原因物質に効くチョウジエキス、頭皮環境を整えるグリチルリチン酸ジカリウム、毛母細胞に直接働きかけるニンジン抽出液があります。

M-1育毛ミスト

2013年に世界育毛研究会議で賞を獲得し一躍有名になった製品もオススメです。この製品の含有成分で注目は加水分解酵母エキスです。
これは発毛シグナルを増加させ、髪を成長させる毛母細胞を直接刺激して髪の毛の成長を促すものです。この製品は無添加、無香料、無着色で、肌の刺激となるアルコール類も入っていません。ですので、敏感肌の方でも安心して使えるというのは得点が高いです。