フィンペシアとプロペシアの違いとは?

脱毛に効果がある薬としてフィンペシアが注目されています。これはプロペシアと同じ成分のため、同等の効果を期待できながら、フィンペシアはプロペシアの価格に比べ4分の1程度という安価なところが選ばれている理由です。では、フィンペシアとプロペシアは同じ成分ということは一体どんな違いがあるのでしょうか。まず、フィンペシアとプロペシアの両方とも脱毛の原因物質であるジヒドロテストステロンを抑える成分のフィナステリドが含有されています。プロペシアはそもそもアメリカのメーカーに特許があるもので、その他の国で作られているものはジェネリックになります。ジェネリック医薬品は医薬品に認められる特許を利用したり、特許の期限が切れたものを開発会社以外の製薬会社が製造したものです。

 

そして、フィンペシアはインドで製造されているものです。実はインドは国家的に医薬品の特許を認めていない国で、特許がある製品でも勝手に製造されてしまいます。とはいえ、フィナステリドは含まれているので、ほとんど同じというわけです。強いて言えば製造工程とコーティング剤がプロペシアと違うだけです。単純にいえばコーティング剤が違うのです。それでもインドは医療先進国なので、決してフィンペシアがプロペシアと比べて劣悪品ということではありません。ただ、日本では認めらていないキノリンイエローがコーティング剤に使用されているので、こだわる人は値が張っても高いプロペシアを選ぶようです。

 

フィンペシアの効果と副作用

フィンペシアやプロペシアには男性ホルモンを抑制する働きがあります。効果が出始めると崩れかけていた生え際の髪の毛の成長サイクルを整え、太くしっかりとした毛髪に変化します。 AGAの治療薬としてほかにはミノキシジルを含有したロゲインなどがありますが、生え際への対策としてはフィンペシアが適しているとされています。フィンペシアには副作用があります。

 

世界中で報告されているフィンペシアの副作用には性欲減退や眠気、頭痛、腹痛、胃の不快感、下痢、かゆみやじんましんなどの過敏症、頻尿などがあります。これらの副作用は一般的には軽症で済むことがほとんどだともいわれています。また、いずれの症状も服用を中止すれば副作用はなくなります。ですので、持病がある人や心配な方はあらかじめ医師の診察を受けてから、服用するようにしましょう。
また副作用なのかどうかはわかりませんが、初期脱毛が起こることもあるようです。誰にでも起こるものではないものですので、効果が出始めたいい傾向であると前向きに捉えましょう。

 

先にも書きましたが、フィンペシアにはコーティング剤としてキノリンイエローが利用されています。キノリンイエローは現在安全性に問題はないとされていますが、一部で発ガン性物質であるとされ、日本では認められていない成分です。証明がされていないので、ここは個人的な判断になるでしょう。いずれにせよ、プロペシアだけでなく育毛剤関係は使用した薬が自分の症状に合っているかどうか、ある程度の期間を見て判断しなければなりません。どんなものでも即効性は低いので6ヶ月以上は続けるようにしましょう。効果があるかないかを判断するまでにそれだけ時間がかかるので、値が張るプロペシアよりも、コストがかからないフィンペシアに人気が集まっているのです。

生え際用育毛剤ならこれ!

濃密育毛剤ブブカ

育毛理論に基づき開発されたこの製品には32種類もの有効成分を配合しているので、生え際の対策にばっちりです。有効成分や天然植物エキスなどを低分子化し、皮脂のバリアに遮られることなく、成分が直接頭皮内に到達し育毛を促進します。さらに、後退を抑制した上に栄養を浸透させ毛髪を成長させます。ヒアルロン酸と同等の保水力で頭皮に潤いを与えます。かつて使った方からの報告も良好なものばかりです。

ポリピュアEX

ポリピュア

毎月2万人が使用しているという実績がこの製品にはあります。それだけ信頼性と実力のあるものだといえます。毛根にダイレクトに働きかける養分を含有し、さらに毛髪の成長サイクルを正常に戻すように促す力も備えています。この製品の主な成分は毛根に効くバイオポリリン酸、男性特有の原因物質に効くチョウジエキス、頭皮環境を整えるグリチルリチン酸ジカリウム、毛母細胞に直接働きかけるニンジン抽出液があります。

M-1育毛ミスト

2013年に世界育毛研究会議で賞を獲得し一躍有名になった製品もオススメです。この製品の含有成分で注目は加水分解酵母エキスです。
これは発毛シグナルを増加させ、髪を成長させる毛母細胞を直接刺激して髪の毛の成長を促すものです。この製品は無添加、無香料、無着色で、肌の刺激となるアルコール類も入っていません。ですので、敏感肌の方でも安心して使えるというのは得点が高いです。