今回は生え際の育毛対策に注目!M字薄毛にお悩みの方は必見です。

この育毛剤や成分は効く?記事一覧

生え際の後退への対処として一般的なのは薬用剤や育毛剤で環境を整えることですが、その中でミノキシジルがよく知られています。ですので、インターネットなどで薬剤を調べるとミノキシジルという単語はよく目にします。では、そもそもミノキシジルとは一体どんなものなのでしょうか。ミノキシジルが登場したのは1960年代で、製薬会社のファイザーが開発しました(開発当時の社名はアップジョン)。元々は血管を広げる作用を利...

脱毛に効果がある薬としてフィンペシアが注目されています。これはプロペシアと同じ成分のため、同等の効果を期待できながら、フィンペシアはプロペシアの価格に比べ4分の1程度という安価なところが選ばれている理由です。では、フィンペシアとプロペシアは同じ成分ということは一体どんな違いがあるのでしょうか。まず、フィンペシアとプロペシアの両方とも脱毛の原因物質であるジヒドロテストステロンを抑える成分のフィナステ...

フィナステリドは男性の脱毛症であるAGA、特に額の生え際に効くとされる成分です。生え際対策で注目されるプロペシアと、プロペシアのインド製ジェネリック医薬品(後発医薬品)であるフィンペシアに含有されています。フィナステリドには男性ホルモンを抑制する働きがあり、特に髪の毛の成長サイクルを整えることで太くてしっかりとした育毛を促すものです。AGAの治療薬成分として知られるミノキシジルもありますが、どちら...

最近AGAの薬として注目されるノコギリヤシですが、これはDHT阻害作用のある薬草で、一般的な薬よりも安価で副作用が少ないものです。ノコギリヤシは英語でSerenoa repensで、その名の通り、ヤシの一種です。小さなものでも高さは2から4メートルになり、幹は不規則に伸び、砂浜に密に群生するか松林などで生息しています。アメリカ南西部の固有種で、大西洋岸平野からメキシコ湾岸低地で見られるものです。ノ...

大正製薬から発売されている育毛剤で、日本国内で唯一ミノキシジルを含有した商品がリアップX5です。発売当時はTVコマーシャルもかなり頻繁に流されたことから話題になり、多くのAGAで悩める日本人男性に知られたものとなっています。発売当初はミノキシジルの濃度が1%程度でしたが、リアップX5の登場で濃度が5%になりました。さらに高い効果が期待できるようになったのです。とはいえ、リアップX5の効果が出るのは...

大正製薬のリアップ・シリーズ同様にミノキシジルを含有した製品がロゲインです。リアップよりもロゲインの方が発売はずっと前のことで、販売実績はもっと長い商品です。ロゲインはまさにリアップX5と同じ効果がある薬です。ミノキシジルは1960年代に製薬会社のファイザーが血管拡張作用を利用した高血圧の経口薬として開発。その後、AGAにも効くことがわかりましたが、内服薬としてのミノキシジルは副作用があったので、...

そもそもL-リジンとはなんでしょうか。これは細胞の成長に不可欠なアミノ酸の一種で、コラーゲンの生成をサポートし肌の健康を保ったり、神経システムに直接入り込んで免疫機能を高める働きがあったり、カルシウムの吸収を高めることで骨粗鬆症を予防したりする力を持った成分です。このL-リジンが不足してくると慢性的に疲れを感じたり、貧血や脱毛、薄毛などの症状が出てきます。肝機能も衰えてしまうこともあり、かなり重要...