AGA(エージーエー)とはいったいなんのこと?

日本人男性の多くが薄毛や脱毛に悩んでいます。この脱毛のなどの原因の実に9割がAGAだといわれています。では、このAGAとはいったいなんでしょうか。AGAはAndrogenetic Alopeciaの略で、日本語では「男性型脱毛症」という意味です。特に成人男性に見られる髪が薄くなる症状で、早い人は思春期を過ぎると額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。

 

AGAは一般的には遺伝や男性ホルモンの影響などが原因と考えられています。AGAが発症している脱毛部には男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に検出され、現在はこれが髪の毛の成長期を妨げ、サイクルを短くする原因物質と考えられています。サイクルが短くなると髪の毛が長く太く成長せず、すぐに抜けてしまいます。しっかりと育たないので全体的にも細く短い髪の毛が多くなり、本数は十分でも頭髪が薄く感じられます。

 

AGAの進行はゆっくりなので、気づいたときには大変なことになっている

AGAの症状は、頭頂や生え際からゆっくりと進行します。自分は大丈夫だと思っていてもAGAは進行していて、気がついたときにはかなり生え際が後退しているということもあり得ます。進行の仕方としては額の生え際や頭頂部から髪の毛が、どちらか一方か両方から薄くなっていきます。男性ホルモンが影響し、毛根が十分に成長せずに髪の毛が細く短くなり、簡単に抜けてしまいます。AGAを常に気にしている方は800万人、なにかケアを行ったことがあという人は650万人といわれています。それほど日本において多い症状なのです。

 

AGAは進行性です。なにもせずに放置すると髪の毛の数は減り続けます。それでも薄毛になっていたとしても、うぶ毛はちゃんと残っていますから、それはまだ毛根が存在している証拠であり、髪の毛が正しいケアで太く長く育つ可能性が残っているのです。決してあきらめず、早めのケアを心がけましょう。AGAなどの男性用の育毛剤ランキングで自分にあった育毛剤をチェックしよう!

生え際の後退はAGAが原因?記事一覧

薄毛を気にする日本人は非常に多いです。一般的には頭皮の脂である皮脂と薄毛や脱毛が密接に関係しているといわれています。しかし、本当にそうなのでしょうか。テレビコマーシャルや雑誌広告などを見ると頭皮の脂を原因としたシャンプーや育毛剤が紹介されています。薄毛や脱毛に悩む人は気になって仕方がないことでしょう。皮脂が薄毛の原因になるといわれ始めたのは実は19世紀に立てられた仮説が発端となっているようです。し...