お酒やタバコは髪に悪影響を及ぼします

薄毛が気になるという人の場合にはお酒やタバコについても注意が必要になります。飲酒や喫煙には中毒性がありますし髪の健康にも大きな影響を与えることになるのです。今回はお酒やタバコが髪に与える影響について確認してみたいと思います。お酒やタバコが大好きだという人は参考にしてみてください。

飲酒が髪に及ぼす影響について

飲酒が髪に及ぼす具体的な影響については、「ビタミンB群が不足しがちになる」「皮脂分泌が増加してしまう」「アミノ酸が不足しがちになる」などがあげられます。これらが原因で薄毛が進行してしまう場合もありますので、現在薄毛対策に取り組んでいるという人はできるだけ飲酒を控えることを心がけましょう。

 

ビタミンB群の不足

アルコールを体内に摂取するとその成分は肝臓で分解されるのですが、この時にアルコールを分解するために必要になるのがビタミンB群なのです。お酒を飲むとアルコールの分解のために体内のビタミンB群が使用されるためビタミンの不足が起こりやすくなります。ビタミンB群の中でも髪の健康のためにはビタミンB2とビタミンB6が特に重要です。お酒を飲むことが多いという人はこれらのビタミンを普段から積極的に摂取するようにしてください。

 

皮脂分泌の増加

アルコールには脂質が多く含まれるため、飲酒が原因で皮脂が過剰に分泌されてしまう場合もあるのです。頭皮の皮脂が過剰になると毛穴の詰まりなどを起こして髪の成長に悪影響を与えることになります。アルコールの過剰な摂取には注意が必要です。

 

アミノ酸の不足

飲酒によって消費されるのはビタミンB群だけではありません。肝臓でアルコールが分解される際にはアミノ酸も消費してしまうのです。アミノ酸はタンパク質を結合させて髪を構成する重要な成分です。アミノ酸についても普段からの積極的な摂取が必要になります。

 

※アルコールについては髪に良い影響を与える場合もあります。適度なアルコールの摂取には血管を拡張させ血行を改善する効果があるのです。またストレスの解消にも効果的でしょう。ただしだからといって飲みすぎてしまえば逆効果となりますのでくれぐれも注意してください。

 

喫煙が髪に及ぼす影響について

ニコチンは髪に悪影響を及ぼします

ニコチンはタバコに含まれる成分であり、中毒性が強いためタバコが止められない原因だと考えられています。ニコチンには血管を収縮させる働きがあるため、血行を阻害して髪が栄養不足となることにより薄毛を進行させてしまうのです。男性の薄毛の大半だとされている男性型脱毛症(AGA)の場合には飲酒や喫煙が直接発症の原因となるわけではありませんが、お酒やタバコは薄毛を進行させてしまう可能性が高いためできるだけ控えることをおすすめします。特に喫煙については百害あって一利なしですので、薄毛対策に取り組んでいる人は今すぐ禁煙を検討してみてください。

生え際用育毛剤ならこれ!

濃密育毛剤ブブカ

育毛理論に基づき開発されたこの製品には32種類もの有効成分を配合しているので、生え際の対策にばっちりです。有効成分や天然植物エキスなどを低分子化し、皮脂のバリアに遮られることなく、成分が直接頭皮内に到達し育毛を促進します。さらに、後退を抑制した上に栄養を浸透させ毛髪を成長させます。ヒアルロン酸と同等の保水力で頭皮に潤いを与えます。かつて使った方からの報告も良好なものばかりです。

ポリピュアEX

ポリピュア

毎月2万人が使用しているという実績がこの製品にはあります。それだけ信頼性と実力のあるものだといえます。毛根にダイレクトに働きかける養分を含有し、さらに毛髪の成長サイクルを正常に戻すように促す力も備えています。この製品の主な成分は毛根に効くバイオポリリン酸、男性特有の原因物質に効くチョウジエキス、頭皮環境を整えるグリチルリチン酸ジカリウム、毛母細胞に直接働きかけるニンジン抽出液があります。

M-1育毛ミスト

2013年に世界育毛研究会議で賞を獲得し一躍有名になった製品もオススメです。この製品の含有成分で注目は加水分解酵母エキスです。
これは発毛シグナルを増加させ、髪を成長させる毛母細胞を直接刺激して髪の毛の成長を促すものです。この製品は無添加、無香料、無着色で、肌の刺激となるアルコール類も入っていません。ですので、敏感肌の方でも安心して使えるというのは得点が高いです。